カードローンの約定返済金額について

借入のカードローンで、毎月決まった金額を返済するように企業が定める金額があります。それは、約定返済と言うもので、金融業によって定めが違います。

約定返済は、金額と同時に返済期日も決められます。これらや契約申込の時に、ローン契約の規定の約款の書いてあります。

このローン契約約款に同意書と言う書類に記名捺印をして提出する為、この約定返済の返済期日と、返済金額は必ず守って行かないといけないでしょう。

支払期日も、返済金額も、金融業によっては違いますが、例を出すと、借入残高が50万円以下の時は、約定返済金額は、1万円、50万円を超えて100万円以下の場合は、15000円、100万円を超えて150万円以下の場合は、2万円、150万円超えて200万円以下は25000円、200万円を超えて250万円以下はさん3万円と言う風に、金額に応じて約定返済金額が決まります。

そして約定返済を決めたにも関わらず、その日にち以外にも臨時に返済するのは可能です。その返済額は幾らでも良くて、1万円返済しても良いですし、借入している残高全額を返済しても良いのです。

このような臨時に返済したからと言って、約定返済日に借入残高が残っているのなら、約定返済日に約定返済金額を、返済する必要はありますので、今月は1回返済したからと言って、約定返済に返済しないでよいとは限りません。

それは臨時返済の場合には、全額元金への返済になっているので、利息分の返済が終わっていないからです。約定返済日に利息と元金の一部をまた返済しないといけないのです。