袋分け管理による効率やりくり方法

家計簿の費用別に袋をつくり、1ヶ月の大体の予算をたてて、お金を分けて入れておきます。袋は、封筒やファスナーつきのクリアーケースを、用意するとよいでしょう。そして、食品なら食費の袋から、日用品なら雑費の袋から、というように、お金を出して払うようにします。費目が多すぎると、袋が多くなり、管理が大変になり、続けることが難しくなります。最初は食費、雑費を基本に、少なめに設定することが大切です。1ヶ月が終わったら、袋の中にある残金を、費日ごとに計算します。予算と比べてみて、何にどれくらい使ったか把握し、来月の予算立てのために、ノートにメモをしておきます。他の費目の袋からは、原則として、お金を出さないことです。あらかじめ、予備費用として1つ、袋を作っておくとよいです。残りの金額が常に分かるので、使いすぎたあとは、支出を控えたり、残金が多ければ、自分のご褒美に使ったりと、その時々で判断できるところが、この袋分け管理のメリットです。また、家賃や日々の支払いなど、必ず支払わなければならないお金を確保しておくためにも、よい方法であるといえます。何となくお金を使ってしまって、いざ支払わなければならない時に慌てなくてすみます。消費者金融 アロー 審査

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です