給料日までを乗り切るための3つポイント

給料日までまだ日数がある時に金欠になった時、まっさきに節約するのは嗜好品や飲食物ではないでしょうか。でも「付き合いの飲み会は断りたくない」「話題の新製品が気になる」など誘惑も多いもの。そんな時に買うかどうかを判断するポイントを3つ紹介。

・それは、どうしても必要なもの?

例えば毎日缶コーヒーを買うのが当たり前になっている場合、水筒に入れたインスタントコーヒーを持ち歩けばそれだけで節約。仕事帰りに毎日コンビニでお酒を買うのが定番化している場合も同じ。お酒は飲まなくても死ぬことはありませんし、休肝日にもなると気持ちを切り替えてしまいましょう。

・「今」じゃないとダメ?

必要なものの中でも買うスパンが長いものは今すぐ買う必要はないものと言えます。生活用品などはよほど在庫が逼迫していない限りは安売りにつられて慌てて買わなくても大丈夫です。セールは1回こっきりじゃありません。

・こんな時こそポイントを使う!

お札を崩してしまうとなし崩し的に散在してしまいがち。そんな時こそポイントの出番。特定のカードにポイントが集中する使い方をしておくと、1ヶ月単位でも意外とたまるものです。もちろん、普段の買い物では使わないことが前提ですが。

金欠時の買う・買わないのポイントは「それがないと生活が成り立たないか否か」ということです。もっと言えば無くても死にゃしないものは無理して買わないということ。金欠時意外もこういう意識で買い物をすると無駄を省くことができます。消費者金融 審査

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です