おまとめローンを利用する際に知っておくべきこと

借り入れ総額を減らせるおまとめローン

一つの金融機関からだけではなくて、

いくつかの金融機関からお金を借りているという人も

いるかと思いますが、そういう人は、借りたのはいいものの、

返済するのに大変な思いをすることがほとんどです。

なるべく早くに全額返済をしたいものですが、

金融機関によって金利が異なっているので、

思うように返済できないことも多くあります。

そういう時には、できれば一つの金融機関にまとめて返済できれば

非常に便利だと考えてしまうものですが、

実際に、いくつかの金融機関からの借り入れを一つの金融機関に

まとめて返済することができ、それをおまとめローンといいます。

なので、複数の金融機関からお金を借りている人は、

おまとめローンを利用すると、返済がしやすくなります。

おまとめローンの具体的なメリットについて

おまとめローンは、複数の金融機関からの借り入れを

一つの金融機関に一本化して返済することができるというもので、

消費者金融、銀行のどちらでもおまとめローンを利用できる金融機関で、

利用することができます。

細かな点は各金融機関で異なるところがあるものの、

基本的には、一つの金融機関に決まった金利でまとめて返済することが

できるので、非常に返済がしやすく、さらに総量規制対象外となっているので、

どんな人でも利用しやすくなっています。

特におまとめローンのメリットとして金利があげられます。

金利というのは、各金融機関によって異なっていて、

いくつかの金融機関からお金を借りたとすると、

それぞれ別の金利がかかってきます。

しかし、おまとめローンを利用すると、それぞれの金融機関で

異なっていた金利が一定の金利での返済できるようになる為、返済額が大幅に減ります。

これによって返済総額を大きく減らすことができるのですが、

おまとめローンが利用できる金融機関は、どこも金利が低くなっているので、

安心して利用することができます。

おまとめローンのデメリットについて

このようにおまとめローンは、低い金利で返済ができるので、

非常に返済しやすいのですが、同時にデメリットもあります。

それは、おまとめローンを利用するには、審査に通らなくては

いけないということと、必要な金額が借りることができない場合も

あるということです。

審査を受けるというのは、お金を借りる際には絶対に避けては通れないこと

なのですが、他の金融機関の審査に通り、お金を借りることができていたとしても、

おまとめローンの申し込みをした際に、審査に通らずに利用できないということも

あるので、これについてはあらかじめ注意しなければなりません。

なので、誰でも利用できるということではないのですが、

通常の借り入れができ、返済もしっかりとしているという人の場合は、

ほとんど審査にも通っておまとめローンを利用することができるので、

特に審査を気にする必要もないといえます。

ただ、大きな金額の借り入れや返済が滞るなどしている人は要注意です。

そして、審査に通ったとしても、希望する金額を借りることができないという

こともあります。

これは申し込みをした人の状況によって、

金融機関も利用限度額を決めてしまう為で、

必要な金額を借りることができないこともあります。

初めは低い限度額しか利用できずに、

希望する金額が借り入れられないということもあり、

おまとめローンを利用する場合には、審査に加えて、こうしたことについても

事前にしっかりと覚えておくようにしないといけません。

おまとめローンの申し込みについて

おまとめローンを利用する際には、あらかじめ、

おまとめローンを利用するということを伝えて申し込みをします。

そして、申し込みの条件として、20歳以上で69歳未満、

収入が毎月あり、安定していることなどが最低限必要になります。

これらの内、どれか一つでも欠けている場合には、

申し込みをしても審査に通らないと考えてもいいほどなのですが、

年齢や収入については、しっかりと確認しておきたいものです。

ただ、年齢については、各金融機関によって、上限が異なることもあります。

なので、これも自分の年齢と照らし合わせて、申し込みができるかを

確認しておくようにしましょう。

おまとめローンの審査基準について

おまとめローンを利用する際には審査を受けなければいけないのですが、

この審査については、いろいろと難しいと考えてしまう人もいるかもしれません。

しかし、特別、変わったところがなければ審査は厳しいものではありません。

年収や職業、年齢がしっかりとしていて、各金融機関の基準に

沿っていれば特に問題はないのですが、職場の勤続年数や

家族構成などについて見られることもあるので、これらについても

しっかりとしておきたいものです。

ただ、審査に際に、かなり重視されるのが返済が滞っていないかどうか

ということで、他の項目が大丈夫であっても、現在、借り入れている金融機関への

返済が滞ってしまっているという場合には、印象が悪くなってしまい、

審査に落とされてしますので、これには気を付けるようにしましょう。

また、借り入れをしている金額についてですが、あまり大きな金額の

借り入れをしていると、これも審査には通りにくくなってしまいます。

しっかりと返済をしていて、返済が滞っていないという場合であっても、

借り入れ金額が大きいと審査に落とされてしまうので要注意です。

おまとめローンを利用する際のポイントとお勧めの金融機関

おまとめローンを利用するには、

まずは審査に通る為に、事前にいろいろと気を付けておかなければ

いけないことがあるのですが、逆にこうしたことを

しっかりと守っていれば、おまとめローンを利用することができて、

返済額を大幅に減らすことができます。

なので、まずはおまとめローンを利用する前に、

しっかりと利用できるかどうかをよく確認しておいてから申し込みをして、

審査を受けるというのが大きなポイントになります。

また、申し込みをする際には、なるべく低めの限度額を利用するなどすると、

審査にも通りやすくなります。

これは通常の借り入れをする時と同じことになるのですが、

審査に通るかどうか心配という人は、初めは利用限度額を低くして

申し込みをしていった方が、確実におまとめローンが利用できます。

また、おまとめローンを利用することができる金融機関は、

いくつもあるのですが、銀行、消費者金融共に利用しやすいと

思った所に申し込をして利用するといいようです。

ただのその中でもモビット、バンクイックは、

おまとめローンが、非常に利用しやすいと評価が高くなっているので、お勧めです。

即日融資で来店不要!今すぐ借りれるカードローンまとめ!

カードローンの約定返済金額について

借入のカードローンで、毎月決まった金額を返済するように企業が定める金額があります。それは、約定返済と言うもので、金融業によって定めが違います。

約定返済は、金額と同時に返済期日も決められます。これらや契約申込の時に、ローン契約の規定の約款の書いてあります。

このローン契約約款に同意書と言う書類に記名捺印をして提出する為、この約定返済の返済期日と、返済金額は必ず守って行かないといけないでしょう。

支払期日も、返済金額も、金融業によっては違いますが、例を出すと、借入残高が50万円以下の時は、約定返済金額は、1万円、50万円を超えて100万円以下の場合は、15000円、100万円を超えて150万円以下の場合は、2万円、150万円超えて200万円以下は25000円、200万円を超えて250万円以下はさん3万円と言う風に、金額に応じて約定返済金額が決まります。

そして約定返済を決めたにも関わらず、その日にち以外にも臨時に返済するのは可能です。その返済額は幾らでも良くて、1万円返済しても良いですし、借入している残高全額を返済しても良いのです。

このような臨時に返済したからと言って、約定返済日に借入残高が残っているのなら、約定返済日に約定返済金額を、返済する必要はありますので、今月は1回返済したからと言って、約定返済に返済しないでよいとは限りません。

それは臨時返済の場合には、全額元金への返済になっているので、利息分の返済が終わっていないからです。約定返済日に利息と元金の一部をまた返済しないといけないのです。

カードローン審査に通るには書類が必要

人が人に頼みごとをするのには、ある一定のラインがあります。これをすればそのラインが通るというように、決まりに従わないと関門をくぐり抜けれないものです。

お金をカードローンの金融業に借りたい場合に、いきなり申込して、お金を貸して欲しいと言っても、どこの金融業でも門前払いです。

カードローンの金融業には、お金を借りるまでに、審査というラインを通り抜けないと、お金を貸し出し出来ないようになっているのです。

その審査に通るには、絶対的に必要になる書類もあります。それは、申込用紙にさまざまな内容の必要事項の記入があります。

そして、身分を証明できる身分証明書の提示も必要となります。これらを提出しないと、審査に通らないのです。

もしも、身分証明書を忘れて来た、今手元に無いと、どうしようもない言い訳を言っても、絶対的に審査に通りません。必ず必要とされるのです。

身分証明書が無いと審査に通らないので、貸付する事が出来ないのです。だから身分証明書を持って、行く事が最低の条件であるでしょう。

それ以外には、ある程度の大きな金額の融資の申し込みなら、年収は幾らかと言うのが解る収入証明書も必要となります。

この金額の設定は、金融業によって、バラバラなのです。だから、申し込む金融業が必要だと言われたら、用意しないといけないでしょう。

必要書類は審査に通る為のものなので、お金を借りる為には準備しないといけないでしょう。

専業主婦でもキャッシング審査に通る方法。

キャッシング審査に必ず必要なのは『就労していること』です。

仕事していることは、キャッシングするにしてもクレジットカードを作るにしても、ローンを組むにしても大前提となります。

ですが、専業主婦の場合は?

専業主婦だってお金は必要です。

借りれないの?など、たくさん疑問があります。

結果的に、専業主婦であってもお金を借りることは可能です。

一つ目の方法は、パートやアルバイトでいいので何か仕事を始めることです。

在籍確認をする際に確認さえとれれば『就労証明』になるので、少額であったとしても審査に通る可能性は大幅にあがります。

もう一つ目は、銀行系のカードローンに申し込むことです。

専業主婦と言うことは、旦那さんが働いているということ。

旦那さんが安定した収入があるから、専業主婦でいられるわけですからね。

共働きが多い中で、それでも働かなくて済むならそれなりの収入があるはずです。

よって、旦那さんの収入が『世帯収入』となり、旦那さんの収入で申し込むことができます。

旦那さんに内緒で申し込むことも可能ですので、安心してください。

特に収入証明書やも不要だったり、旦那さんの職場も詳しく聞かれないところもあるので、よく調べてから申し込めば間違いないです。

専業主婦でも大丈夫なので、困ったことがあるなら申し込むだけでもしてみてください。

カードローン、キャッシングの注意点

借入額や返済期間によっても異なりますが年利換算で10%台後半の金利がかかります。

これは利息制限法の上限金利(15%~20%)とほぼ同じ金利です。

また、クレジットカードで買い物をした場合は一括返済であれば購入金額に利息はかかりません。

ですがキャッシングの場合は基本的に「一括返済」でも日割りで所定の利息がかかります。

キャッシングは基本的に利用可能額の範囲であれば返済期間中であっても追加の借入が可能です。

複数の業者から借りることもできるので気づかないうちに借り過ぎてしまい返済が困難になる恐れがあります。

少額から始めたキャッシングも積もり積もれば多重債務となります。

キャッシングを利用する場合は「借りることができる金額」よりも「毎月返せる金額」を考えた上で計画的に借りるようにしましょう。

また、返済期間中に追加でキャッシングを利用する場合はまず現在の「借入残高」と「毎月の返済額」を確認してから自分の返済能力を超えない範囲で借りるようにしましょう。

キャッシングは簡単にお金を借りることができる反面、その仕組みをよく理解しないで借り過ぎてしまうと、借りたお金が返せなくなる恐れがありますのでくれぐれも注意しましょう。

レディースキャッシングがある

まず、アルバイトやパートの人に最もおすすめするのがアコムです。

アコムは三菱UFJフィナンシャル・グループの消費者金融です。

キャッシング初心者の人にやさしいように、アルバイトやフリーターの人にもやさしい消費者金融です。

きちんとした安定的な収入があればアルバイトの人でも借り入れは十分可能です。審査のスピードがとても速く、審査結果の回答まで最短30分でわかります。

アルバイトだからキャッシング出来ないと諦める前に、とりあえずアコムの審査を受けてみることをおすすめします。

そして、プロミスもアルバイトの人でも借り入れがしやすいキャッシング業者です。とくにキャッシング初心者の方にはおすすめします。レディースキャッシングなど、女性でも安心して借りれるサービスも用意されています。

全国に無人機があるので、土日でも借り入れ可能です。公式サイトから申込して審査後にカード発行を無人機で行いたいと伝えて下さい。三井住友銀行あるいはジャパンネット銀行の口座があれば24時間365日振込が即反映されるのでネット上でも即日融資が可能です。

30日間の無利息サービスがあるので、すぐに返すことが出来るのならプロミスでの借り入れがお得です。

学生がお金を借りるときの大切なこと

学生でもどうしてもお金が必要になりお金を借りなくてはならないこともあるでしょう。その時に学生がお金を借りる時に気をつけなければならないことが重要なポイントが3つあります。

まず一つ目は、アルバイト収入があることです。なぜならもし収入がないなら借りても返せないからです。どうやって返すのか、返してくれるという信用が出来ないからあなたには貸すことができないという事になります。なので、借りるときはアルバイトをして収入があることがたいせつです。

二つ目は、限度額が制限されることです。理由は制限が無ければ、とんでもなくたくさんの金額を借り、返すとき、自分の収入では返せなくなるからです。そうならないために限度額を制限して、返す時にとんでもない額にならないようにしているのです。だからもし借りるときは、後でしっかり返せるのか考えて借りる金額を決めてください。

最後に三つ目は、学生でも20歳以上にならないと審査対象にならないので気をつけることです。なぜなら社会人に比べて収入が少なくて仕事も収入も安定していないからです。ぜひその点もお気をつけください。

以上の3つのことを気をつけていただけば、学生さんでもお金を借りることができます。